作業員

地盤改良を行なって安心できる土地活用~アンシン開発術~

深刻な問題

井戸

何も無い土地だからこそ温泉開発に望みを

最近は日本のあちこちの地域で人口の減少による過疎化が深刻な問題となっています。少子化によりただでさえ少ない地元の若者も、何も無い田舎よりも何でもある都会に移り住むことが多く、過疎地域は年寄りばかりになってしまっているのです。そうした地域にとってこれからいかに少なくなった若者を住民として呼び寄せるかが重要な課題となります。その地域に何らかの特徴や名所などがあればそれを売りにして呼び寄せることは簡単でしょう。しかし、全ての土地にそのような特徴があるわけではありません。何も無い地域だからこそ、若者が外へと流出しているのです。そんな何も無いときに新しい価値を生み出すために、日本で最も可能性が高いのが温泉開発となります。

日本の地下深くは温泉の宝庫

日本にはいくつもの火山があり、世界で有数の地震大国です。それはすなわち、日本の地下には地熱によって温められた温泉が豊富に眠っているということも同時に意味します。現状で日本の各地で観光名所となっている温泉地も、日本に秘められた温泉資源の一部が表に出ているだけなのです。日本以外の国ならば、闇雲に地下を掘り進んでも運良く温泉を掘り当てるなど夢のような話でしょう。しかし、日本においては温泉開発は決して非現実的な話では無いのです。もちろん、地域によっては温泉を掘り当てるまでの深さは異なります。事前に良く注意して温泉開発を開始しなければ、肝心の温泉源にまで深さが届く前に資金が尽きてしまうことも有り得るでしょう。逆に言えば必要な深さにさえ達してしまえば、それだけで温泉開発は成功で、地域に大量の人を呼び込む名所を産み出すことが可能なのです。

Copyright© 2016 地盤改良を行なって安心できる土地活用~アンシン開発術~ All Rights Reserved.