作業員

地盤改良を行なって安心できる土地活用~アンシン開発術~

温泉開発に着手

作業員

温泉宿以外にも需要が伸びてきている温泉

現在は、温泉宿の他に個人宅、マンション、フィットネスクラブ、福祉施設、医療施設などに温泉を引きたいという理由から温泉開発に乗り出す人も増えてきました。温泉開発に向いている土地は、地方よりも都市部と言われています。その理由は、人口が集中した理由は水が多いからであり、水が多く出るところは地盤が弱いということからです。そのため、掘削工事では都市部の方が費用が安く抑えられるとされています。とはいっても、工事は大がかりなものになりますので、費用は何百万円という額ではなく1千万円を超すと考慮しておくと良いでしょう。公共施設に温泉を引く経営者は増えていますし、利用者も温泉を利用したい人が多いのが現状ですので、温泉開発に着手するのは双方のメリットを生かす為に良いアイデアと言えるでしょう。

温泉開発に必要な流れ

温泉開発に着手する為にはどのような流れを組めば良いのかご紹介します。まず、電話やメールで掘削を行っている企業へ問い合わせます。その後担当者の無料地質調査が行われます。その後、本調査を行い、温泉が出ると判断された場合許可申請を行います。ここで注意なのは、個人宅に温泉を引きたい場合にも許可申請が降りなければ掘削できない事です。ホテルや旅館の場合には保健所への利用申請も行う必要があります。許可が下りたら、仮説作業をし、温泉掘削に入ります。揚湯試験をし、そのお湯がただの地下水なのか、天然温泉なのかを調査します。温泉法に定められている鉱水や温水の含有量が満たされており、25度以上のものですと温泉と判断されます。その後、必要であれば、周辺の環境設備工事も行い、温泉開発の終了となります。掘削した後も、企業側からのメンテナンスを受けることは可能ですので、源泉から出るガスなどの問題が生じないよう定期的に行うことをお勧めします。

Copyright© 2016 地盤改良を行なって安心できる土地活用~アンシン開発術~ All Rights Reserved.